包茎手術 クリニック 福岡 麻酔|

自分が包茎かもしれないと思う時期は、10代とかが多いと思います。早い場合は、高校時代とか中学時代とかですからね。

なので、包茎を治したいという人は、未成年者にも多くいます。

では、実際に未成年者で包茎手術を受けようと思った場合についてですが、たとえば、東京ノーストクリニックでは学生割引プランを用意していたり、学生だけの分割払いもOKなど、学生にとっては、気軽に包茎手術が可能なクリニックだと思われます。

ただし、包茎手術の執刀だけでは、亀頭全体が露わにならないという人も存在するそうです。たいてい亀頭サイズが平均以下である、包皮が硬すぎる、太り過ぎなどが原因だと指摘されます。

また真性包茎の場合、包皮で覆われていることが原因で、性行為に及んでも受精するために要される量の精子が子宮に到達しないが為に、妊娠しないなど真性包茎は改善しないと、妊娠行動自体を妨げてしまうことがあるようです。

包茎手術の方法とかは、包茎の状態により手術費は違ってきますし、手術をする専門医院などによっても変わります。

男性自身の包皮を剥いてのぞき込んでみると、竿と亀頭の裏側が細い筋で結び付いているのがわかると思います。これを包皮小帯とか陰茎小帯といいますが、通常は亀頭が包皮で覆われて見えません。けど、指を使って手前に引いてみると容易に亀頭全体が露出する場合は、仮性包茎だと思われます。

仮性包茎と言えども、気になる場合や衛生的な面から考えても、包茎手術を行なったほうがいいと思います。

そこで、自力で包茎を治そうと思って、包茎矯正道具を準備して手探り状態でトライし続けるよりは、専門医院で一回で終わってしまう包茎手術をした方が結局は費用も安くつきます。

包茎手術というのは、手術に行くと決心するまでは考え込んでしまう人もいますが、手術自体は少々時間がとられるだけで簡単に済みます。

未成年の場合は、どこのクリニックでも、親権者の同意が必要になりますから、きちんと説明して包茎手術をするのがベストでしょう。